2014/10/21

【観光】台北四大外国人観光地の一つ!パワースポット龍山寺に行きました!

投稿者 Sanae S 時刻: 9:58 PM
re:action 


さっそく台湾観光開始です。
不安だったのでガイドさんを頼んだのですが
初日はうちの家族だけだったので、マンツーマン状態で
過ごしたのですが、見るポイントを
的確に教えていただけたので
観光地を飽きずに、疑問を残さずに
観光することが出来ました!!
キュウさんありがとうございます!(個人的)



さてまず訪れたのは龍山寺
正式名称は、艋舺龍山寺だそう



電車でも来ることが出来るそうです
最寄りは、板南線龍山寺駅




着いた時に人が大勢いました
お祭りだったようです。
大きい人形の人がパレードをしていました





そんな混乱の中で近すぎて門の外観を撮れませんでした‥‥
門の入り口は3箇所あります
右から入り左から出る。
※ムーディー勝山のネタではありません
中央はなんだ?と思われるかも
しれませんが、中央は神様が通る道です
これは、どこの国のお寺でも共通かな
なるべく通らないようにしましょう




入って右手に見えるのは滝です
浄心瀑布というそうです




そのまま右側の門に入場します





中に入ると観光客というよりは
現地の方々が物凄くいました。
台湾のお寺は、激しく祈る人が多そうと
行く前から勝手に思っていたのですが
期待通り祈り倒していて圧倒されました(笑)



本殿の写真



わたしもお線香を買ってお参りすることに
入ってすぐのところに売っていて10元でした
お線香は7本入っています




まずは前殿




こちら本殿内
どうですかこの金色!!!
ここのご本尊は、第二次世界大戦中の
空襲にも逃れたんですって。
だからこそより信仰心が増すんですね!
とにかく台湾の人たちは何か相談事があると
神様のもとに来て相談している方が多いようです。




この日も独特な宗教ミュージックに
合わせて祈っている方が多かったです。
これは最後なんだけど、何度も何度も
繰り返すメロディーで、さらに
とてもリズミカルで聞いていて
面白かったです、不謹慎ながら‥




今までそんなに意識していなかったのですが
お祈りをするときは、きちんと自分の
住所名前生年月日を言ってから願い事を
言わないといけないんですって!!
いくら神様といえども1日に沢山の願いを聞いていたら
誰の願いだかわからなくなりますよね!(笑)



一応ここは外国なのでどうやって
言えばいいんだろうなと考えて
一応英語で住所や願い事を簡単に
言ってみたのですが・・・日本語でも
大丈夫だったんですかね!?(笑)
確認しそびれました・・・



ずんずんと反時計回りに見ていきます




こちらは学問と試験の神様 文昌帝君
日本でいう湯島天神や太宰府天満宮のような
位置づけでしょうか、受験の前には
沢山の受験生親御さんが来るそうですよ



こちらは華陀仏師
病を治してくれる神様です




お線香はこちらにさします



紫陽夫子 こちらも学問の神様



天上聖母 航海の神様
願いをかなえる力が一番強いらしい




中心部はとにかく人があふれていました
日本韓国中国語・・・アジアはまだ平和だ・・・





ご利益はやっぱりあるそうで感謝のお花や
お供え用のケーキなどとにかく沢山ありました

日本にはない色彩感覚・・・





関聖帝君




そして恋愛の神様 月老神君にもしっかりお祈り



その時に杯筊なるものを押しててもらいました



平らな面が表
膨らんでいるのが裏 だそう



これで運勢を占うんですって!!
表と裏が1つずつ出れば
聞いたことらそうしてもいい。
両方裏なら、神様が質問の意味が
よくわからないので、もう一度
日付などを聞きなおします。
両方表ならしないほうがいい。
という意味があるそうです。



たとえば家を買うときに今年の3月に
買いたいんですけどどうですかと
聞いて、両方裏ならもう一度今度は6月なら
どうですかと聞いて浦お持ちが出たら
その年の6月に家を買うのがいいと
神様が言っているということだそう。



とにかく縁結びの神様で、日本人もよく
彼氏が欲しい時に願いに来ると
ガイドさんに教えてもらいました。
わたしも乗せられてやることに。笑



願い事は‥‥もちろん秘密ですが
1発で裏表両方出したので
叶うそうです、よしっっっ!←



結果が出たら赤い糸を頂きます
ただし杯筊を投げなおしていいのは
3回まで。それでも裏表が出ない場合は
‥あきらめたほうがよさそうです。




特にお賽銭などは必要ないそう
自分の顔写真がついたものの
側に常に入れておくといいという事を
聞いたので、定期に入れました。
願いが叶いますように、なむなむ



いい気分でお寺を出ました♪単純




帰りはもちろん左から 




古き良き町並みという感じですね




様々な建築物を見ながら次の場所へと向かいます










+  韓国旅行の素敵な情報はここから! +
BUZZKOREAさま()




+ ブログランキング参加中 +

読み終わりましたら画像クリックお願いします。
今後のブログ更新のはげみになります!! 



0 コメント:

Post a Comment

 

→ Never too Late → Copyright © 2012 Design by Antonia Sundrani Vinte e poucos