2017/10/26

【芸能】台北の目的は・・・Seventeenのライブに行きました!

投稿者 Sanae S 時刻: 11:24 PM
re:action 

いよいよ台北に来た目的である
세븐틴(Seventeen)のライブ( ˆoˆ )💎



向かったのは、会場の最寄り新莊駅です。
ここは台北市ではなく、新莊市らしいです。
だいたいが会場へ向かう人だったのですが
一応駅出てすぐのところに看板も。




商店街みたいな道をずーーーっと歩いていくと会場に



わーーい!会場は新北市新莊體育館です✨
駅からだいたい5~10分は見ておいた方がよさそうです。


グッズ貰いました(=゚ω゚)!
チケットホルダーとパスポートケースと定期券入れ?
大切に?ずっとしまったままです。。。笑


公式グッズを買おうと思ったら
何故か売り切れてて>.<
そしたら外で非公式も公式もたくさん
売られてて、プチ新大久保状態の中で
じょんはにちゃんうちわを見つけたので
とりあえず買いました( ˆoˆ )
新大久保クオリティなみの雑な画質で
公式だよね…?と疑った()



開演までは会場をフラフラ(^_^)
じょんはにちゃんのお誕生日前なので
謎のタペストリーあったけど、まじで謎
所有者誰だったんだろうww


こちらも(°▽°)!なぜ日本には
これがなかったんだろう…?



そしていよいよ整列だったのですが
鬼でした👹ww


14時ぐらいにはならんでたけど
まあ日差し強いし37.5度なのに
直射日光に2時間ぐらい放置ww


しかも17時に開場が延びて
ちょっとせぶち嫌いになった(^_^)ww



炎天下の中で意識が朦朧としてきたけど
途中でポカリ買いに行って
ポカリ飲んだら生き返りました。
体調不良の時には吐くこと必須だけど
脱水症状の時にはかなり効くよね!
ポカリ様とこれからお呼びします!マンセー!



そしてついに開場( ;∀;)💕
これから戦争だっていうのに
もうすでに満身創痍ww
もう二度と昼間に開催すんじゃねえぞ!ww



中に入ったらやっと実感(笑)
久しぶりにスタンディングで体力つけなきゃと
思ったけど、東京の満員電車に毎日揺られる
ぐらいしか対策してなかったけど()
おじさんがいなかったから、ライブのもみくちゃ
のがだいぶマシだったかもしれない/(^o^)\
意外に真ん中で見れたので流れに身を任せてみました。



内容は・・・まあ安心のせぶちクオリティ(=゚ω゚)ノ
売れっ子ですぐ鼻高々で手を抜く人もいるからね>.<
今は淘汰される時代だから、若い子も危機感持って
活動しているんだろうな・・・世知辛い・・・



만세真ん中で見れて興奮した(主にここ)


若さ溢れる1枚


とりあえずウォヌやばい(?)


みんはおちゃんは中国語だとあまりなまらないらしい
2人が中国語何言ってるかわからなかったので
次は中国語勉強しようかなと意気込みだけはあります()
MY Iの中国語聞けたのはよかった^^


韓国アイドル恒例、紙吹雪多すぎて見えない


自由過ぎるとみせかけて
これもマーケティング戦略に則ってやってるのかと
思うと、なんかつらくなる老婆心()


13人もいると、あとで君いたのね
みたいな事も多いですよね。視野が広くなりたい・・・


自由過ぎるはにちゃん #👼 #天使 #尊
終わった後はにぺんと、聖水かかった!って無駄に
テンション上がりました(ヲタクとは単純である)


はにちゃんお誕生日直前で盛大に
お祝いする会場にいれてよかった
(台湾最近行ってないから行きたかっただけだけどw)


仕事でがさついたサンドペーパーのようなハートを
アイドルでだましながら日々生きているので()
アイドルの鬱っぽい発言が若干気になりますが
まじでみんな生きて( ˘ω˘)


ちなみに納得いかないのがカメラはめっちゃ怒られるのに
スマホで撮ってても怒られなかった・・・
というわけでスマホクオリティでしたが
まあまあ近かったのでそこそこまあまあ撮れました。
謎の基準がある台湾のライブよ・・・


燃え尽きた後は💎
ライブ中は隣の台湾人と殴り合いけりあいだったのですが
なんとか生きて帰れたことが良かったです(笑)


韓国アイドルを見たせいか
出た瞬間韓国だと思ったけど
バイクが多くてここは台北なことを思い出しましたw



ちなみに夜も行商は凄かったですww



セブチもうすぐカムバですが頑張れ~~!


📷 instagram 📷
リアルタイムに更新しています



+ ブログランキング参加中 +

読み終わりましたら画像をクリック📌

更新の励みになりますよーー|д゚)


0 コメント:

Post a Comment

 

→ Never too Late → Copyright © 2012 Design by Antonia Sundrani Vinte e poucos