投稿

【宿泊】静か+アクセスの良さも良し!「ダブルツリー バイ ヒルトン シャンハイ 静安」

イメージ
中国ラストの宿は、ヒルトンへ!<各施設> 1.ラディソン ブル ホテル 上海 ニューワールド (上海新世界麗笙大酒店)  / 上海 2.南野晴墅客栈(Nanye Qingshu Inn)  /  宏村 3.紹興 ザ シエンヘン ホテル(绍兴咸亨酒店)/ 紹興 4.ダブルツリー バイ ヒルトン シャンハイ 静安 / 上海


最終日のお宿はツインタワーが目印の 「ダブルツリー バイ ヒルトン シャンハイ 静安

最寄駅は、「中興駅」。徒歩5分ぐらいかな? 大通り沿いなので、タクシーで来てもよさそう。 あまりにも遅いチェックアウト・チェックインだったのでほぼ寝に帰っただけ どこもいいホテルだったんですけどね~~。

ホテルのフロントは1階です。すっきりしております。

なんだかわからないけど大きい像。ご利益がありそうです。

エレベーターは、カードをかざして
部屋の階しか止まらないような設定になっていました。
(なので、人に会いに行くときにものすごく苦戦した・・w)


ホテルの入室を歓迎されています。
なんでクッキー?こちらは後程判明・・・。

流石ヒルトン、とてもシンプルできれいでした!✨

テレビもデカい。


入り口には、金庫・ハンガーかけあり。ハンガー沢山。


スリッパないな~と思ったら、ベッドわきにスリッパ入れが・・・!
巧妙に隠されたスリッパ!!


ベッド周辺には、サイドランプや時計、リモコンもここにありました。


フルーツのサービス。
いつのだろうか不安なので食べずw



ティーセットあり。お茶がどこ行ってもリプトンだったのはびっくり!
紅茶だけじゃなくて緑茶とかも出してるんだな~知らないことだらけ・・。

【観光】東方明珠塔・外灘・・・上海の有名な夜景を川から堪能!「黄浦江クルーズ」

イメージ
上海最後の夜はナイトクルーズ!
上海に舞い戻ってきました。
ここは金融街?なのか、東京の大手町やソウルの汝矣島のような雰囲気。

頑丈そうな建物がたくさん。
乗船する人しか人がいないのが不思議なぐらい・・。
ビルの間に何か金の玉が挟まっていました、なんだろう。
(のちに周辺が規制されてて行きずらくなっていたことが判明)


十六鋪黄浦江遊覧埠頭というところから
クルーズが出航するそうです。


外にお客さんが外にわんさか。警察もわんさか。
まだ受付していないからかな~と思ったら


(この時点で)翌日に貴賓が乗るから、保安のために乗れないと。
なんですとーーーーさすが共産国(先言っとけーーー)


周りには、どう見ても結婚式の2次会の人やら
子供の1歳の誕生会開催者など・・・どれも重要そうだ・・・
(しかし国家にはそんなことは関係ない・・・)



どうなるのかわからず、ひとまず待っていると
出航するかわからないけど、とりあえず行けと言われ(何故)
待合所的なところに行きました。


チケット




特にここは警備されておらずな・・・しかしとてもキレイです。


70周年の歴史をまとめたポスターあり 国家主席の写真と功績がまとまっていました。


3~4台止まってたけどみんな出航するのだろうか


今回の乗船した船。


乗船場所の周辺はとてもきれいです。 船着き場の左方向には、「上海」と書かれたパンフレット・雑誌などで 1度は見たことあるような風景が広がっています。 まあ、これ見たから最悪動かなくてもいいかあ~という気持ちで待機。


出航するかわからないけど、食事は出すとのことで、食べることに(何故)


今回ものお酒は持ち込み。 会稽山という実際にある山の名前を付けた紹興酒(5年物)。
ホテルの売店で買いました(25元)
味もおいしいし、安いし、紹興でもっと買っておくべきだった・・

▶ 過去レポ 【宿泊】紹興の超豪華ホテル「咸亨酒店」宿泊!

食事は、いたって普通だったかなあ・・
日本の中華料理屋さんに出てきそうなメニューでした。
まあ、観光地のご飯なのでさほど期待していません。